なにかと簡単に活用できる借入、忘れてはいけないのはクレジットカード会社というものは売り上げを得るために金利を掛けている点です。相手は企業ですから当然なのですが、借金の金利というのはすごく高い水準にあります。グレーゾーン利率がまかり通っていたころには29.20%という、あり得ない高水準の利率で設定させられていました。おまけに昔は総量規制のようなものはなかったので、ガンガンカードを作っていたのです。こうして、多重債務者を作りだしたので、お手上げになる方が急増したのです。そうして総量規制といったものによって結局は己の首を絞めるようなこととなったのです。話を戻しますが、現在では利息はかなり低い金利になってきましたがでもまだ住宅ローン等と比べると高い位置にあることには異論がないと言えます。借りてくるお金の額が少ないのでしたらそうは重圧には感じないかもしれませんが、高額の借金をしてしまった場合、その分引き落しの時間も長くなるので金利として支払う額が結構なものとなるかと思います。現実に計算機などで計算してみたら最終的にはとんでもない額を返済していることが認識できると思います。このことを当たり前だと考えるかそうではなく損だと思うのかは借りた人によりますが私の場合はこのような現金があるのなら多くの物が購入できるのにと考えてしまいます。こんなに多くの利息を返済したくはないというような人は、可能な限り引き落し回数を短くするように気を配ってください。ほんのわずかの額でも返しておくと、返済回数を減らすことができます。本当に必然性もなく借金する方はいないでしょう。やむをえず必要で仕方なく借入するわけですから、そうした後は支払いをほんのわずかの額でも減らすといった忍耐力が必要なのです。かつ余力がある場合には繰り上げ返済をして早期完済をしなければなりません。

Copyright © 2002 www.nwenergysummit2009.com All Rights Reserved.